PR

【葉っぱが黄色い】それ鉄不足かも?アクアポニックスでの鉄と二価鉄(キレート鉄)について

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

アクアポニックスにおける鉄と二価鉄 アクアポニックス

アクアポニックスを実践していると、葉っぱが黄色くなることがあります。これは鉄(Fe)不足が原因かもしれません。
鉄は植物の成長にとって欠かせない栄養素であり、特に二価鉄(Fe2+)は植物が最も吸収しやすい形態です。本記事では、アクアポニックスにおける鉄(Fe)と二価鉄(Fe2+)の重要性、鉄不足の兆候と対策について詳しく解説します。

メネデール 植物活力剤 栄養剤 2L 植物を元気に育てる 花から野菜から植木まで 


アクアポニックスは、魚の養殖と水耕栽培を組み合わせた持続可能な農業システムです。魚の排泄物が植物の栄養として利用され、植物が水を浄化します。これにより、環境への負荷を最小限に抑えつつ、高効率で作物を育てることができます

  • 魚の排泄物:アンモニアとして排出される。
  • バクテリアの役割:アンモニアを亜硝酸、さらに硝酸に変換。
  • 植物の役割:硝酸を吸収し、成長に利用。
  • 水の循環:浄化された水が魚のタンクに戻る。

鉄は植物にとって不可欠な栄養素で、特に葉緑素の生成に重要です。アクアポニックスでは、鉄不足が植物の成長を阻害することがあります

鉄の生理学的役割

  • 葉の緑色を保つ:鉄は葉緑素の生成に必要。
  • 光合成を助ける酵素:鉄は光合成を行うための酵素の構成要素。
  • 酸化還元反応の促進:鉄は植物の代謝において、酸化還元反応を助けます。

鉄不足の影響

  • クロロシス:新しい葉が黄色くなる。
  • 光合成能力の低下:エネルギー生産が減少。
  • 成長の抑制:収穫量の減少。

DTPA-Feキレート鉄をAmazonで購入

二価鉄(Fe2+)は植物に最も吸収されやすい形態です。アクアポニックスでは、二価鉄を効率的に供給することが求められます。

二価鉄と三価鉄の違い

  • 二価鉄(Fe2+):植物に直接吸収されやすい。
  • 三価鉄(Fe3+):pHが高い環境では吸収困難。

キレート鉄の利用法

キレート鉄は、鉄が水に溶けやすくなり、植物が吸収しやすくなる特別な形態です。DTPA-Fe(鉄の含有率13%)EDTA-Fe(鉄の含有率11%)などがあります。

  • pHの安定化:キレート鉄は水槽のpHを安定させる。
  • 成長促進:植物の成長を促進する。
  • 適切な濃度の維持:過剰添加を避けることが重要

自作キレート鉄の作り方

材料

  • 鉄釘(鉄を含む金属片)
  • クエン酸(レモン汁やクエン酸粉末)
  • :1リットル

手順

  1. 鉄釘の準備:鉄釘を錆びさせるために数日間水に浸す。
  2. クエン酸溶液の作成:クエン酸粉末を水に溶かし、酸性の溶液を作る(レモン汁も使用可)。
  3. 鉄釘とクエン酸の反応:錆びた鉄釘をクエン酸溶液に入れ、数時間から一晩放置する。
  4. 使用:この溶液をアクアポニックスシステムに少量ずつ添加する。

自作キレート鉄のメリット・デメリット

メリット

  • コスト削減:市販のキレート鉄製品よりも安価に作成可能。
  • 成分調整可能:成分の濃度や配合を自分で調整できる。
  • 即時使用可能:必要な時にすぐに作成して使用できる。

デメリット

  • 品質管理:一貫した品質を保つのが難しい。
  • 保存期間:市販品に比べて保存期間が短い可能性がある。
  • 調製の手間:作成する手間がかかる。

市販のキレート鉄のメリット・デメリット

メリット

  • 品質保証:一貫した品質が保証されている。
  • 利便性:購入後すぐに使用できるため手間がかからない。
  • 長期保存:適切な保存方法で長期間使用可能。

デメリット

  • コスト:自作に比べて費用が高い。
  • 成分調整不可:成分の濃度や配合を変更できない。

筆者のおすすめ

市販のキレート鉄を使用することをお勧めします。品質が保証されており、使用が簡単で、保存期間も長いため、安定した栄養管理が可能です。

おすすめの鉄肥料

栄養不足の症例

鉄不足は植物の葉が黄色くなるクロロシスを引き起こします。早期に対策することが重要です

  • 新しい葉が黄色くなる:鉄不足の初期兆候。
  • 古い葉には影響が少ない:新しい葉ほど影響を受けやすい。
  • 鉄分補給剤を適量追加:定期的に補充することが重要。

鉄不足を防ぐための注意点

  • 適切な濃度維持:鉄の適量は1リットルあたり1〜5mg。
  • pHの管理:pHが高いと三価鉄に変化しやすい。
  • 過剰添加の回避:鉄の過剰は植物の成長を阻害する。

アクアポニックスでは、鉄以外の栄養素も重要です。カリウムやカルシウム、マグネシウムなども不足しやすいため、バランスの取れた栄養管理が求められます。

他の栄養素の役割

  • カリウム:植物の成長と根の発達、水分調整、酵素の活性化に必要。不足すると葉の縁が黄色くなる。
  • カルシウム:細胞壁の形成に重要。不足は茎や根の弱化、果実の腐敗を引き起こす。
  • マグネシウム:クロロフィルの中心成分。不足は葉が黄色くなり、成長が鈍化する。

栄養管理のポイント

  1. 定期的な水質チェック:pH、電気伝導率(EC)などを定期的に測定。
  2. バランスの取れた餌の供給:魚の健康を保ち、植物にも必要な栄養素を供給。
  3. 栄養補給剤の使用:不足している栄養素を補うために市販の栄養補給剤を使用。

結論

アクアポニックスにおける鉄と二価鉄の管理は非常に重要です。以下のポイントを押さえることで、システムの成功を確実にできます。

  • 鉄不足の兆候
  • 新しい葉が黄色くなる(クロロシス)が初期兆候です。
  • 鉄分補給剤を適量追加し、鉄の適量(1リットルあたり1〜5mg)を維持します。
  • 市販のキレート鉄の使用
  • 品質が保証され、利便性が高く、長期間保存が可能です。
  • 市販のキレート鉄を使用することで、安定した栄養管理が実現します。
  • 栄養管理のポイント
  • 定期的な水質チェックとバランスの取れた餌の供給が必要です。
  • 不足している栄養素を市販の栄養補給剤で補うことが重要です。
  • おすすめの鉄肥料
  • メネデール:二価鉄イオンを含んだ活力剤。 メネデールをAmazonで購入
  • DTPA-Feキレート鉄:pHが高い環境でも効果を発揮。 DTPA-Feキレート鉄をAmazonで購入

市販のキレート鉄を使用することで、鉄不足のリスクを軽減し、アクアポニックスシステムの効率を最大化することができます。この情報が、アクアポニックスシステムの成功に役立つことを願っています。

メネデールをAmazonで購入

キレート 鉄 DTPA Fe 肥料 アクアポニックス をAmazonで購入

コメント