PR

【初心者必見】アクアポニックスは水質管理が成功のカギ!必知の検査項目とおすすめグッズ”

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

アクアポニックス

アクアポニックスは持続可能な農業の中でも注目を浴びる方法であり、その健康な運用には水質の正確な管理が欠かせません。この記事では、アクアポニックス水質検査において不可欠な重要項目と、それらの数値が引き起こす問題、そして改善方法について詳しく探ります。

水質検査でチェックした方が良い項目

1. PHの測定

アクアポニックス水槽では、水の酸性・アルカリ性を示すpH値が重要です。植物や魚の健康に直結し、理想的な範囲(通常は6.5から7.5)に保つことが求められます。pHの変動があると、栄養の吸収や微生物の働きに支障をきたし、生態系にストレスを与える可能性があります。

2. アンモニアの測定

アンモニアは魚の排泄物から発生し、植物にとっては栄養源ですが、過剰なアンモニアは有害です。アンモニア濃度が高いと、魚や植物にストレスを与え、さらには生態系全体に影響を及ぼす可能性があります。

3. 硝酸塩の測定

アクアポニックスではアンモニアが硝酸塩に変化し、植物に栄養を供給します。しかし、硝酸塩濃度が過剰になると、魚や植物に有害となる可能性があります。適切な硝酸塩濃度の維持が求められます。

4. ECの測定

電気伝導度(EC)は水中のイオン濃度を示す指標であり、養分の濃度を測るのに役立ちます。植物にとって適切な栄養濃度を維持するために、EC値のモニタリングが欠かせません。

問題が起きる可能性とその対処法

1. なぜ水質検査が必要か

アクアポニックス水質検査は、生態系全体の健康を保つために不可欠です。水質が安定していることで、魚や植物が適切な環境で成長し、相互作用が円滑に行われます。不適切な水質は、魚や植物の健康に深刻な問題を引き起こす可能性があります。

2. 悪い数値が引き起こす問題とその改善方法

pH値が不適切な場合

問題: 魚や植物の生理活動が低下し、栄養の吸収が妨げられる。

改善方法: 適切なpH範囲に調整するために、中和剤や酸塩基調整剤の使用

アンモニア濃度が高い場合

問題: 魚や植物に有害であり、共生系全体にストレスを与える。

改善方法: 水交換やフィルタリングの向上、バクテリアのバランスを整える。

硝酸塩濃度が高い場合

問題: 魚や植物に有害であり、共生系に悪影響を及ぼす。

改善方法: 水交換やバクテリアの制御、植物の増加など。

EC値が不適切な場合

問題: 過剰な養分が魚や植物にストレスを与え、生態系のバランスが崩れる。

改善方法: 水交換や養分調整、植物の増加など。

アクアリウムでの硝酸塩濃度は 20mg/L 以上で水換え推奨ですが、アクアポニックスでは 40mg/L 前後です。

週1回の1/3換水と一般的には言われていますが、魚の量や大きさ、えさの量、フィルターの大きさなどによって変わってくるので、定期的な水質チェックを行い、硝酸塩濃度を目安に管理をするろ水槽に合った水換えのタイミングを知ることができます・

水質チェックはアクアリウム用の検査キットで簡単に確認することができます。

■おすすめの水質検査キット

・API FRESH WATER MASTER TEST KIT

アンモニア、亜硝酸、硝酸塩、PHが測定できる試薬タイプです。

試薬タイプは細かい数値を測定できるのと、使用回数も約800回と長期にわたって使用することができます。アクアポニックスはもちろんアクアリウムにおいても使用できます。コスパも良く、プロのアクアポニックス農家の御用達です。

・EASYTEST 6 in 1

PH、亜硝酸、硝酸塩、塩素、KH、GHの6種類が測定できる試験紙タイプです。

水に付けるだけで簡単に測定することができます。

150回分ですが縦に半分に切ることによって、倍の300回使用することができます。

・セラ 硝酸塩テスト

硝酸塩だけを測定したい方はこちらの試薬タイプ

試薬なので、細かい数値が測定できます。

ここまで水質と水換えについて解説してきましたが、頻繁な水換えや、適当に放置などでは魚や野菜に悪影響を与えかねないので、定期的な水質チェックで正しい管理をこころがけましょう。

水質検査の正確な実施には専用の機器が必要です。pHメーターやアンモニア検査キット、硝酸塩測定器など、信頼性のある商品が重要です。また、ECメーターも水中の養分濃度を簡単かつ正確に測定するために役立ちます。

人気記事

コメント